東京都立川市にある、にじいろアニマルクリニック

診療のご案内

診療受付時間のご案内

受付時間 備 考
  9:00〜12:00 × 火曜日は午前中のみ診療
16:00〜19:00 × ×  

×休診日:火曜日午後/水曜日

※年末年始・夏期休暇・連休・学会/勉強会参加などで臨時の休診や受付時間が変更になる場合がございますのでご了承ください。
※手術・往診は予約制になります(火・水曜日は除く)。
※往診費用は別途かかります。また、往診での診療可能な範囲は限りがあるため、内容によってはお受けできない場合がございますので予めご相談ください。

診療科目

犬・猫

犬と猫の診療

時間外診療について

可能な範囲でお受けしておりますが、クリニックの規模・防犯上の観点より、完全24時間体制はしておりませんのでご了承ください。
まずはお電話いただき、お名前、カルテ番号、電話番号、症状を留守番電話にお入れください。対応可能であれば15分以内にご連絡差し上げます。

■時間外診療費が別途かかりますのでご了承ください。

※相談のみの対応はご遠慮いただいております。

専門科目

循環器科・腫瘍科・臨床病理科・麻酔科

専門分野

循環器科

医療技術の進歩によりペットも高齢化が進み、人と同じような病気にかかる動物が増えています。その高齢動物が罹る病気の一つに心臓病(循環器病)があります。
心臓病の評価・治療を行うためには心臓の超音波検査が必須です。当院では高機能の超音波画像診断装置を導入し、心臓病のより的確な診断・治療が可能となっています。
心臓病の症状(空咳をする、運動力の低下など)がある場合や、症状がなくても潜在的に心臓病を患っている動物でも、現在の獣医医療では 早期発見、早期治療をすることで動物の負担を減らし、長生きに繋がるとされています。
心臓病に関して気になること、分らないこと、思い当たるようなことがあればどうぞお気軽にご相談ください。

麻酔科

動物は人間と全く同じ『痛み』を感じるメカニズムがあり、手術などをすれば人と同じように大きな痛みを感じます。
しかし、獣医医療の現場では手術の際に施す全身麻酔、特に手術に伴う動物の痛みに対してあまり注目されていませんでした。
その結果、手術によって強い痛みを感じて苦しんでいる動物の姿は見て見ぬ振りをされているのが現状です。 そこで当院では、獣医麻酔専門医のレクチャーを受けた経験を元に、手術の際に数種類の麻酔・鎮痛薬を駆使し手術による痛みを軽減・コントロールし(ポリモーダル鎮痛、マルチモーダル鎮痛といいます)、動物の負担を最大限抑えるように心がけています。
人の医療現場でも同じですが、残念ながら今現在100%安全な麻酔はこの世に存在しません。だからこそ、動物の負担が少なく安全で痛みを伴わない麻酔を当院では目指しています。

ページのトップへ